【新聞掲載】日本獣医がん学会でキングアガリクスに関する研究成果を発表

先日、キングアガリクスのメーカー=東栄新薬株式会社が、東京薬科大学と共同で学会発表を行いました。その内容が記事として、健康食品・サプリメントの業界誌=ヘルスライフビジネス2019年2月15日号に掲載されました。

キングアガリクス新聞記事

新聞掲載内容

以下、補足を加えながらご紹介いたします。

(太字は原文のまま)

東栄新薬は、ブラジルの豊かな大地で露地栽培した「キング・アガリクス21(KA21)」を製造・販売している。

キングアガリクス

【ブラジルで露地栽培したキングアガリクス(KA21株)】

 KA21は、一般的なハウス栽培のアガリクスと比べてβ‐グルカンやビタミンD、ミネラル類などの機能性成分を多く含み、なおかつ高い抗酸化活性を持つ。

サイズの比較

【サイズの比較 左:一般的なハウス栽培 右:露地栽培】

比較グラフ

アガリクスの栄養素

(ブラジルの大自然の中で露地栽培されたキングアガリクスは、一般的なハウス栽培アガリクスに比べ、非常に大きく育ちます。主成分であるβ-グルカンをはじめビタミンDやカルシウムなどの栄養価も高く、抗酸化活性も高いことが確認されました)

豊富なエビデンスと体感性の高さが支持され、顧客のリピート率は約90%にも及ぶ。OEM供給の引き合い(お取扱いに関する問い合わせ)も増えており、中国、東南アジア、米国、ヨーロッパなど海外からの問い合わせも多いという。

 機能性については、順天堂大学医学部免疫学講座、東京薬科大学免疫学教室、東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、麻布大学獣医学部など多くの学術機関や医療機関と共同研究を実施しており、これまでに発表した海外論文は28報に達している。

論文数

(これまでに発表した国際論文はアガリクスメーカー最多となる28本。信頼性の高い製品で会あることを評価され、海外からも多くの問い合わせをいただいています。)

最近では、KA21の免疫増強・抗腫瘍効果および抗がん剤の副作用低減効果に関して、1月26~27日に開催された第20回日本獣医がん学会で研究成果を発表した。

田島先生

(東京薬科大学と共同で発表した【抗がん剤による消化管障害の保護作用】について)

 抗腫瘍効果については、腫瘍細胞を皮下注射したマウスにKA21の熱水抽出物および冷水抽出物を35日間経口投与したところ、両群とも有意な腫瘍の縮小が確認された。同様の効果は、悪性リンパ腫を発症した柴犬などでも報告されるなど【写真】、KA21はペット用サプリメントとしても注目を集めているという。

抗腫瘍効果

 免疫増強効果については、健常人8人を対象とした二重盲検試験でKA21を7日間摂取させたところ、NK細胞活性の有意な上昇が確認された。

NK活性

 抗がん剤の副作用低減効果については、がん治療に広く用いられる代謝拮抗剤「5‐FU」を投与したマウスに露地栽培もしくはハウス栽培のKA21を含む餌を与えた。その結果、露地栽培の群では脱毛抑制、体重減少抑制、食餌量回復、腎障害抑制、消化管障害抑制といった効果が確認され、抗がん剤による副作用の軽減効果が確認された。

抄録↓

『キングアガリクスの免疫増強・抗腫瘍効果』

『露地栽培アガリクスの抗がん剤による消化管障害の軽減作用』

 同社では今後もKA21の持つ機能性を追求し、研究面でアガリクス業界をリードしていく考えだ。

まとめ

キングアガリクスのメーカーである東栄新薬株式会社は、これまでにアガリクスの研究開発では国内トップとなる28本の国際論文を発表しています。これからもキングアガリクスをお客様に安心してお飲みいただき、しっかりとした違いをご実感いただくために研究開発を継続して参ります。