肝臓癌、パピヨン(症例レポート2018.11)

NKUP+αの症例レポートを頂きました

ご施設: 高倉動物病院

お名前: 栢森 康司先生

1)【NKUP+α】をご使用いただいた症例

種類(  パピヨン   )

年齢(  15  )才

体重(  3.8  )Kg

性別  オス(  去勢なし  )

疾患名(  肝臓癌  )

2)【NKUP+α】の投与量、期間

1日(  1  )粒    投与期間(  1ヵ月間   )

3)具体的な症状と経過を以下にご記入ください

10月頭から食欲の低下がみられ、検査にて腎・肝の数値の悪化(BUN39、ALT683、ALKP741、GGT55、CRP4)、エコーにて肝臓に4cmを越える巨大腫瘤を認めました。手術や生検は行わずに内科治療で経過をみています。                 

定期的な皮下点滴と胃腸運動改善薬(プロナシド)、肝機能改善薬(ウルソデオキシコール酸)、甲状腺ホルモン剤及び、アガリクスの処方で、食欲の多少の波はありますが、体重の低下なく維持しています。先日の血検にて良化が見られています。(BUN20、ALT211、ALKP385、GGT36)

4)ご使用頂いた先生のご感想をご記入ください

強制給餌もしていますが、大幅な食欲の低下もなく、癌の抑制に多少なりとも効果を出しているのかと思っています。

5)飼い主様からのお声がありましたらご記入ください

1日1回1錠で良く、与えるのも苦ではないようです。

6)ご意見、ご要望などございましたらご記入ください

癌の特定に至っていないですが、今後も継続する予定です。

ご協力ありがとうございました。

【NKUP+α】の臨床試用・症例収集を行っています

ぜひご協力ください↓

医療機関専用キングアガリクス製品【NKUP-α】を医療現場でより有効にご利用頂くために、多くの症例レポート(キングアガリクス製品の使用例)を...