難治性てんかん、全身性皮膚糸状菌症、再発する腸トリコモナスによる下痢、サイベリアン(症例レポート2018.10)

NKUP+αの症例レポートを頂きました

ご施設: たま動物病院

お名前: 中村 典子先生

1)【NKUP+α】をご使用いただいた症例

種類(  サイベリアン   )

年齢(  1.5  )才

体重(  2.7  )Kg

性別  メス

疾患名( 難治性てんかん、全身性皮膚糸状菌症、再発する腸トリコモナスによる下痢 )

2)【NKUP+α】の投与量、期間

1日(  1/2  )粒    投与期間(  1ヵ月   )

3)具体的な症状と経過を以下にご記入ください

幼少期から強直間代性けいれんをくりかえしている。MRIで特に所見はなく、先天的酵素欠損を疑われている。そのため、抗ケイレン薬は、2~3種類を常に投与している。それでも小さい発作は続いていた。さらに、腸トリコモナスによる下痢も、幼少期からくりかえし、都度メトロニダゾールで良化していた。このところ、同居猫を飼育始めたあたりから、皮膚病が拡大していた。抗真菌薬を使えない事からNKUPを投与始めたところ、小さい発作も消失し、発毛も認められ、遊ぶ元気がでてきた。

4)ご使用頂いた先生のご感想をご記入ください

皮膚の事を思い投与始めたが思った以上の効果が感じられる。とても良い感触なので

症例としてファックスさせていただきました。

5)飼い主様からのお声がありましたらご記入ください

動きがよくなって喜んでいる。

6)ご意見、ご要望などございましたらご記入ください

ご協力ありがとうございました。

【NKUP+α】の臨床試用・症例収集を行っています

ぜひご協力ください↓

医療機関専用キングアガリクス製品【NKUP-α】を医療現場でより有効にご利用頂くために、多くの症例レポート(キングアガリクス製品の使用例)を...