アレルギー性皮フ炎、ジャンガリアンハムスター(症例レポート2022.5)

NKUP+α(キングアガリクス80%+ハナビラタケ20%配合)の症例レポートを頂きました

ご施設: つばめ動物病院

お名前: 梨本 真衣先生

1)【NKUP+α】をご使用いただいた症例

種類(  ジャンガリアンハムスター )

年齢(  1才6カ月  )

体重( 39.3 )g

性別  メス(  避妊なし  )

疾患名(  アレルギー性皮フ炎   )

2)【NKUP+α】の投与量、期間

2~3週間(  1  )粒    投与期間( 約1カ月半 )

3)効果判定

有効

4)具体的な症状と経過を以下にご記入ください

2021.10月~皮フの痒みと脱毛で他院にて治療していたが、改善ないため2022.3/31来院。初診時はアゴ下~上腹部の脱毛・皮フの炎症ひどく、皮フ型のリンパ腫を疑ったが、既にステロイド服用中のため、一時ステロイド休薬し、抗生剤と抗ヒス剤を処方、皮フ表面の細菌検査行うも陰性。4/7~NKUP+α、βグルカンのアラミントリプルを処方、4/21劇的に改善。5/6~抗生剤、抗ヒス剤休薬し、サプリのみでも皮フ改善。

5)ご使用いただいた先生のご感想

過敏すぎるアレルギー反応をうまくコントロールできたのだと思った。皮フ生検まで考えていた症例だったので、ここまで改善するとは思わず、とても驚いた。

6)飼い主様のお声

とても喜んでいて、諦めかけていたので救われましたと言っていました。

ご協力ありがとうございました。

【NKUP+α】の臨床試用・症例収集を行っています

ぜひご協力ください↓

医療機関専用キングアガリクス製品【NKUP-α】を医療現場でより有効にご利用頂くために、多くの症例レポート(キングアガリクス製品の使用例)を...