神経鞘腫による断脚後の早期回復、猫MIX、FIV(+)(症例レポート2021.11)

NKUP+α(キングアガリクス80%+ハナビラタケ20%配合)の症例レポートを頂きました

ご施設: Buddies Clinic

お名前: 寺田 かなえ先生

1)【NKUP+α】をご使用いただいた症例

種類(  猫 MIX  )

年齢(  推定6才  )

体重( 4.2 )kg

性別  メス(  避妊あり  )

疾患名(  神経鞘腫 右腕   )

2)【NKUP+α】の投与量、期間

1日(  1  )粒    投与期間(  3ヶ月 )

3)効果判定

有効

4)具体的な症状と経過を以下にご記入ください

地域猫の右腕の腫れに気づき保護。BT:FIV(+)、SAA>200、マス切除後病理検査で悪性神経鞘腫と診断。切除部位の再発のスピードが早すぎるので2カ月後、肩甲骨から断脚。

5)臨床検査数値の推移

SAA>200→6.5(腫瘍の除去によるもの)

6)ご使用いただいた先生のご感想

FIV(+)なので断脚後の癒合や免疫力低下を懸念していたが1週間で完全に癒合し、毛の生えそろいも早かった。

7)飼い主様のお声

毛並みもよくなった。

8)ご意見・ご要望

猫や超小型犬用のサイズがあってもよいかも。

ご協力ありがとうございました。

【NKUP+α】の臨床試用・症例収集を行っています

ぜひご協力ください↓

医療機関専用キングアガリクス製品【NKUP-α】を医療現場でより有効にご利用頂くために、多くの症例レポート(キングアガリクス製品の使用例)を...