糖尿病の改善効果

キングアガリクスの効果について
 

【試験実施機関:近畿大学医学部(対象:糖尿病モデルマウス)】

【試験デザイン:糖尿病のマウスに普通のえさ、カイアポイモ入りのえさ、キングアガリクス入りのえさを与えて、7週間後に血糖値がどのように変わるかを検討しました。

※カイアポイモ=キク科の南米原産の芋

カイアポイモ、キングアガリクス摂取により、空腹時血糖値の低下作用が確認されました。

*Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(Advance Publication 2011) 『Ipomoea batatas and Agarics blazei ameliorate diabetic disorders with therapeutic antioxidant potential in streptozotocin-induced diabetic rats』

糖尿病(英文)PDF

【試験実施機関:順天堂大学医学部(対象:健常人)】

【試験デザイン:1日3gを3カ月間摂取し、摂取前後で空腹時血糖を計測】

キングアガリクス摂取により、空腹時血糖の低下が確認されました。

糖尿病に関する改善効果が期待されます

*(eCAM Advance Access published April 12,2007) 『Immunomodulating activity of Agaricus brasiliensis KA21 in mice and in human volunteers』

NK細胞活性化(英文)(PDF)


【糖尿病の改善効果】に関して
一般販売用【キングアガリクス100】の飼い主様の声をご紹介いたします。
※一般販売用サイトに移動します。