自律神経調整作用、血圧・心拍数の低下作用

キングアガリクスの効果について
 

【心臓や全身の臓器の保護作用、中性脂肪の低下作用】

【試験実施機関:東京大学食の安全研究センター(対象:高血圧ラット)】

【試験デザイン:自律神経のバランスが乱れている高血圧ラットに、キングアガリクス入りの食餌を与え、5週間後に血圧、心拍数、臓器の保護作用、中性脂肪値などを測定】

アガリクスの摂取により、クレアチンキナーゼ(CK)、特に心筋に多いCK-MBの減少が確認され、全身の臓器や心臓の保護作用が確認されました。

高血圧、中性脂肪の低下作用

自律神経の乱れによる不調の改善(ストレスの軽減)

全身の臓器・心臓の保護作用が期待されます。

*Journal of Medicinal Food 17 (3) 295-301 (2014) 『Agaricus brasiliensis KA21 Improves Circulatory Functions in Spontaneously Hypertensive Rats』

心臓の保護、自律神経(英文)PDF


【自律神経調整作用、血圧・心拍数の低下作用】に関して
一般販売用【キングアガリクス100】の飼い主様の声をご紹介いたします。
※一般販売用サイトに移動します。