肝臓の保護作用

キングアガリクスの効果について
 

【試験実施機関:東京薬科大学薬学部(対象:マウス)】

【試験デザイン:キングアガリクスを3~10%含むマウス飼料を10日間自由摂取させ,1%四塩化炭素をマウス腹腔内に投与(4ul×マウスグラム/匹)し,24時間後の血清各項目および肝組織の観察。

露地栽培されたキングアガリクス摂取群にのみALT,AST,LDHの有意な抑制を認められ、さらに肝臓組織の炎症も減少していることが確認できました。

露地栽培されたキングアガリクス群にのみ肝臓の保護作用が確認されました。

肝疾患、肝機能障害動物への効果が期待されます

*BMC Complement Altern Med. 2014 Nov 24;14:454『Differences in antioxidant activities of outdoor- and indoor-cultivated Agaricus brasiliensis, and protective effects against carbon tetrachloride-induced acute hepatic injury in mice.』

肝臓の保護作用(英文)pdf

肝臓の保護作用(日本語)2014年日本薬学会第134年会発表資料 pdf


【肝臓の保護作用】に関して
一般販売用【キングアガリクス100】の飼い主様の声をご紹介いたします。
※一般販売用サイトに移動します。