抗腫瘍活性

キングアガリクスの効果について
 

【試験実施機関】 東京薬科大学薬学部免疫学教室(対象:腫瘍モデルマウス)

【試験デザイン】ICRmiceにSarcoma 180  /mouse)を鼠経部に皮下注射し,アガリクス冷水抽出物、熱水抽出物を35日間連日経口投与後に固形癌の重量を測定

対照群(コントロール群)の腫瘍の大きさ15gに比べ、キングアガリクス冷水抽出物摂取群は9.6g(阻止率36%)、熱水抽出物は7.9g(阻止率47%)となり、高い抗腫瘍活性が確認されました。

キングアガリクスには抗腫瘍効果が期待されます

*Biol.pharm.Bull.24(7)820-828(2001)『Antitumor β-Glucan from the Cultured Fruit Body of Agaricus Blazei

抗腫瘍効果(英文)PDF

抗腫瘍効果(日本語)PDF


【抗腫瘍活性】に関して
一般販売用【キングアガリクス100】の飼い主様の声をご紹介いたします。
※一般販売用サイトに移動します。