日本抗加齢医学会で慶應義塾大学と共同でキングアガリクスの有用性に関する学会発表を行いました

2019年6月14日

抗加齢医学会

キングアガリクスのメーカー=東栄新薬株式会社が、慶應義塾大学と共同でキングアガリクスの有用性に関する学会発表を行いました。

第19回日本抗加齢医学会総会(パシフィコ横浜)

「露地栽培アガリクス(KA21株)による非アルコール性脂肪肝(NASH)予防効果とメカニズム解析」

○朱キ先生 慶應義塾大学環境情報部

抗加齢医学会

写真は慶應義塾大学環境情報学部の朱先生が発表している様子。

上記の一般口演以外にも、シンポジウム17「統合医療を用いた抗加齢医学の実践」【天然由来機能性物質・食からのアンチエイジング(演者:渡辺光博先生 慶應義塾大学政策・メディア研究科)】でもキングアガリクスのデータをご紹介頂きました。

今後とも、東栄新薬株式会社ではアガリクス研究NO.1メーカーとしてキングアガリクスに関する研究開発を継続して行きたいと思います。